【ホジキンリンパ腫(PET陽性):一次治療(3年PFS)】「BEACOPP+リツキサン」vs「BEACOPP」

初めての治療として「BEACOPP 2サイクル」後に PET-CTの結果が陽性の人が「BEACOPP」レジメンに「リツキサン」を上乗せしても3年無増悪生存率の向上は期待しにくい。

BEACOPPリツキサン」治療の主なグレード3または4の有害事象は、白血球減少症(96% vs 95%)、重症感染症(20% vs 23%)であった。

【発表】

2017年2月22日

【試験名】

HD18(Phase 3)〔NCT00515554

【さらに詳しく】

Lancet Oncol . 2017;18:454-463. [PubMed: 28236583]

【こちらの記事も合わせて読む】