【乳がん:三次治療】「ハラヴェン」vs「主治医による選択」

2ライン以上の化学療法を受けたことがある人でも「ハラヴェン」治療を選択することで、生存期間の延長が期待できる。試験では四次治療として「ハラヴェン」治療を受ける人が34%、五次治療が32%であった。生存期間は10.6ヵ月から13.1ヵ月に延長。奏効率も5%から12%に向上。

ハラヴェン」治療を選択した場合の代表的な有害事象は「倦怠感・無力症」、「好中球減少症」。試験では「倦怠感・無力症」が54%(vs. 40%)、「好中球減少症」が52%(vs. 30%)の人に現れた。「ハラヴェン」治療を継続できない最大の理由は末梢神経障害の発症。

本試験および日本で実施したフェーズ2試験(221試験)の結果に基づいて、2011年4月22日に「ハラヴェン」が手術不能又は再発乳癌を対象に承認され、2011年7月19日発売された。

【発表】

2011年3月2日

【試験名】

EMBRACE(Phase 3)〔NCT00388726

【原著】

Lancet. 2011;377:914-23. [PubMed: 21376385]

【さらに詳しく】