【卵巣がん:一次治療(パクリタキセル+カルボプラチン、アバスチン非投与)】パクリタキセル「週1回投与」vs「3週ごと投与」

「パクリタキセル+カルボプラチン」の併用療法において、アバスチン治療を受けなかった人では、パクリタキセルの投与間隔を「3週ごと投与」でなく、「週1回投与」を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では10.3ヵ月から14.2ヵ月に延長した。

週 1 回投与を受けた人では、Grade 3以上 の貧血(36% vs 16%)、Grade 2以上の感覚性ニューロパチー(26% vs 18%)が多く発現したが、Grade 3 以上の好中球減少症(72% vs 83%)は少なかった。

【発表】

2016年2月25日

【試験名】

GOG-0262

【原著】

N Engl J Med. 2016 ;374:738-48.

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】