【卵巣がん:三次治療(DCR)】「ボラセルチブ」vs「化学療法」

2〜3ライン以上の治療を受けた後、プラチナ製剤が効かなくなった人は、Plk1阻害薬「ボラセルチブ」を選択するより、従来の化学療法を選択した方が病勢がコントロールできる可能性が高い。

【発表】

2016年1月16日

【試験】

Phase 2〔NCT01121406

【試験参加国】

ベルギー、フランス、スロバキア、スペイン、スウェーデン

【原著】

J Clin Oncol. 2016;34:706-13. [PMID: 26755507]