【プラチナ感受性再発卵巣がん:維持療法(OS)】「リムパーザ」vs「プラセボ」

プラチナ製剤感受性の人がプラチナ製剤で奏効が得られた後の治療の是非を考える場合、BRCA変異型であれば、維持療法としてPARP阻害薬「リムパーザ」治療を選択することで無増悪生存期間だけでなく、生存期間の延長も期待できる。

【発表】

2016年9月8日

【試験名】

Study19(Phase 2)〔NCT00753545

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:1579-1589. [PubMed:27617661]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】