【去勢抵抗性前立腺がん】「カピバセルチブ+ドセタキセル+プレドニゾロン」vs「ドセタキセル+プレドニゾロン」

去勢抵抗性となった人が次の治療を考える場合、「ドセタキセルプレドニゾロン」治療に「AKT阻害薬 カピバセルチブ」の上乗せを選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくいが、生存期間(試験では二次評価項目)は延長する可能性がある。

グレード3または4の有害事象を経験した人の割合は「カピバセルチブ」を上乗せしても変わらない(62.2%)。カピバセルチブに関連していると考えられる主な有害事象は、下痢、倦怠感、嘔吐、発疹であった。

【発表】

2020年12月16日

【試験名】

ProCAID(Phase 2)〔ISRCTN69139368

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Dec 16 [PubMed: 33326257]