【去勢抵抗性前立腺がん:一次治療(6ヵ月増悪率、OS、PFS)】「イクスタンジ+ドセタキセル」vs「ドセタキセル」

去勢抵抗性となった人が次の治療を考える場合、「ドセタキセルプレドニゾン」治療に「イクスタンジ」の上乗せを選択することで6ヵ月後に増悪するリスクが軽減できるが、生存期間の延長は期待しにくい。

イクスタンジドセタキセルプレドニゾン」治療の主なグレード3または4の有害事象は、倦怠感(12.5% vs 5.6%)、発熱性好中球減少症(9.3% vs 4.0%)、好中球減少症(7.6% vs 5.6%)であった。

【日時】

2021年8月3日

【試験名】

CHEIRON(Phase 2)〔NCT02453009

【試験実施国】

イタリア

【原著】

Eur J Cancer . 2021 Aug 3. [PMID: 34358777]