【ホジキンリンパ腫:二次治療(PFS、ORR)】「キイトルーダ」vs「アドセトリス」

自家造血幹細胞移植が不適格または移植後に再発した古典的ホジキンリンパ腫の人が次の治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで、「アドセトリス」治療を選択した場合を上回る無増悪生存期間が期待できる。

キイトルーダ」治療を受けた65.6%の人が、「アドセトリス」治療を受けた54.2%の人が治療に奏効した。

キイトルーダ」治療の主なグレード3~5の治療関連有害事象は、肺炎(4%)であった。「アドセトリス」治療をの主なグレード3~5の治療関連有害事象は,好中球減少(7%)、末梢神経障害(3%)。

【発表】

2021年3月12日

【試験名】

KEYNOTE-204(Phase 3)〔NCT02684292

【試験参加国】

カナダ、イタリア、ポーランド、オーストラリア、ブラジル、ロシア、イスラエル、ウクライナ、南アフリカ、トルコ、米国、フランス、日本(災害医療センター、北海道大学病院、近畿大学病院、山形大学医学附属病院、名古屋大学医学附属病院、東海大学医学部付属病院、神戸市立医療センター中央市民病院、岡山大学病院、渋川医療センター、成田赤十字病院、がん研有明病院)、ニュージランド、韓国、スウェーデン、英国、チェコ、ドイツ、香港

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 512–24.  [PubMed: 33721562]

【さらに詳しく】