【多発性骨髄腫:一次治療】「カイプロリス+レブラミド+デキサメタゾン」vs「ベルケイド+レブラミド+デキサメタゾン」

自家造血幹細胞移植の適応でない人が初めての治療を考える場合、「カイプロリスレブラミドデキサメタゾン」治療を選択しても「ベルケイドレブラミドデキサメタゾン」治療を上回わる無増悪生存期間を期待しにくい。

主なグレード3または4の血液毒性を除く治療関連有害事象は、高血糖、下痢、末梢神経障害、倦怠感、呼吸困難、血栓塞栓性イベントであった。試験ではそれぞれの有害事象を「カイプロリスレブラミドデキサメタゾン」治療を受けた人の4%(vs 6%)、5%(vs 3%)、8%(vs <1%)、2%(vs 7%)、2%(vs 5%)の人が経験した。

【発表】

2020年8月28日

【試験名】

ENDURANCE(Phase 3)〔NCT01863550

【原著】

Lancet Oncol . 2020 ;21:1317-1330.  [PubMed: 32866432]

【さらに詳しく】