【多発性骨髄腫:一次治療】「ベルケイド+メルファラン+プレドニゾン」vs「メルファラン+プレドニゾン」

大量化学療法の対象とならない人が初めての治療を考える場合、「メルファランプレドニゾン」治療に「ベルケイド」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

ベルケイドメルファランプレドニゾン」治療を受けた71%(vs 35%)の人が部分寛解以上を、30%(vs 4%)の人が完全寛解を示し、19.9ヵ月(vs 13.1ヵ月)奏効が持続した。

ベルケイドメルファランプレドニゾン」治療を受けた53%(vs 44%, p=0.02)の人がグレード3の有害事象を、28%(vs 27%)の人がグレード4の有害事象を経験した。

【発表】

2008年8月28日

【試験名】

VISTA(Phase 3)〔NCT00111319

【原著】

N Engl J Med. 2008;359:906-17. [PMID: 18753647]

【さらに詳しく】