【多発性骨髄腫:一次治療(sCR)】「レブラミド+ベルケイド+デキサメタゾン+ダラザレックス」vs「レブラミド+ベルケイド+デキサメタゾン」

移植適応のある人が初めての治療を考える場合、「レブラミドベルケイドデキサメタゾン(RVd)」治療に「ダラザレックス」の上乗せを選択することで、厳格な完全奏効割合の向上が期待できる。

ダラザレックスレブラミドベルケイドデキサメタゾン(D-RVd)」治療を受けた人の最小残存病変(MRD)陰性率は51.0%であった( vs 20.4%、P < 0.0001)。一方、グレード3または4の血液学的有害事象は、D-RVd治療を受けた人がより多く経験した。

【発表】

2020年8月20日

【試験名】

GRIFFIN(Phase 2)〔NCT02874742

【原著】

Blood . 2020;136:936-945. [PubMed: 32325490]