【多発性骨髄腫:三次治療】「ポマリスト+低用量デキサメタゾン」vs「高用量デキサメタゾン」

ベルケイドおよびレブラミドを含む2ライン以上の治療歴がある人が次の治療を考える場合、「ポマリスト+低用量デキサメタゾン」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

ポマリスト+低用量デキサメタゾン」治療の主なグレード3または4の血液学的有害事象は、好中球減少症(48% vs 16%)、貧血(33% vs 37%)、血小板減少症(22% vs 26%)。主なグレード3または4の非血液学的有害事象は、肺炎(13% vs 8%)、骨痛(7% vs 5%)、倦怠感(5% vs 6%)。

本試験を含む複数の海外臨床試験と国内Phase 2試験(MM-011)に基づき、2015年3月27日、「レナリドミド及びボルテゾミブの治療歴がある再発又は難治性の多発性骨髄腫」を対象にポマリストが承認された。

【発表】

2013年9月3日

【試験名】

MM-003(Phase 3)〔NCT01311687

【原著】

Lancet Oncol. 2013;14:1055-1066. [PubMed:24007748]

【さらに詳しく】