【多発性骨髄腫:二次治療】「エムプリシティ+レブラミド+デキサメタゾン」vs「レブラミド+デキサメタゾン」

再発した人でも、「レブラミドデキサメタゾン」に「エムプリシティ」治療の追加を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。試験では14.9ヵ月から19.4ヵ月に延長した。

レブラミドデキサメタゾンエムプリシティ」で高頻度に認められるグレード3以上の有害事象は、リンパ球減少、好中球減少、疲労、肺炎。「レブラミドデキサメタゾンエムプリシティ」治療では10%の人で、投与時反応が発現する可能性がある。

【発表】

2015年6月2日

【試験名】

ELOQUENT-2(Phase 3)〔NCT01239797

【原著】

N Engl J Med. 2015;373:621-31. [PubMed: 26035255]

【さらに詳しく】