【多発性骨髄腫:導入化学療法】「レブラミド+シクロホスファミド+デキサメタゾン」vs「サリドマイド+シクロホスファミド+デキサメタゾン」

初めて治療として導入化学療法を考える場合、「レブラミドシクロホスファミドデキサメタゾン」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2020年6月4日

【試験名】

Myeloma XI(Phase 3)〔ISRCTN49407852

【原著】

Haematologica. 2020 Jun 4 [PubMed: 32499244]

【こちらの図鑑も合わせて見る】