【大細胞型B細胞リンパ腫:再発・難治例(PFS)】イエスカルタ

治療抵抗性大細胞型B細胞リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 77人、原発性縦隔 B 細胞リンパ腫 8人、形質転換した濾胞性リンパ腫 16人)の101人が「CAR-T細胞 イエスカルタ」治療を受けた結果、83%の人が治療に奏効し、11.1ヵ月奏効が持続した。

本試験結果および国内Phase 2試験の結果に基づいて、2020年3月30日、「イエスカルタ」は「再発または難治性のB細胞リンパ腫」を対象に承認申請された。

【発表】

2018年12月2日

【試験名】

ZUMA-1(Phase 2)〔NCT02348216

【試験参加国】

米国(21施設)、イスラエル(1施設)

【原著】

Lancet Oncol . 2019;20:31-42. [PubMed: 30518502]

【こちらの図鑑も合わせて見る】