【子宮頸がん】「トポテカン+パクリタキセル」vs「シスプラチン+パクリタキセル」

化学療法を受けたことがない人、標準治療を受けた後も病気が持続している人は、パクリタキセルへの「トポテカン」の上乗せを選択しても、生存期間の延長が期待しにくい。

子宮頸癌が再発した人は、すでにシスプラチン投与を受けていることが多いため、再発時のシスプラチンの有効性が低下する。プラチナ製剤を含まないレジメンとして「パクリタキセル+トポテカン」が「シスプラチン+パクリタキセル」を上回る効果を発揮するかを確かめた訳だが、残念ながらプラチナ製剤を含むレジメンを覆すものにはならなかった。

【発表】

2014年2月20日

【試験名】

GOG240(Phase 3)〔NCT00803062

【原著】

N Engl J Med. 2014;370:734-43.  [PubMed: 28745937]

この試験は「アバスチン」の上乗せが有効なレジメンとなるかも合わせて検討した2×2要因デザインであり、「アバスチン」の有用性が確認されたことに光が当たったため、「パクリタキセル+トポテカン」についてはほとんど注目されていないが、このレジメンが有効でなかったことも、一つの「がん治療の歴史」であり、記録に残しておきたいと思う。