【子宮頸がん:一次治療(ORR)】「パクリタキセル(毎週投与)+カルボプラチン」vs「パクリタキセル(3週毎投与)+カルボプラチン」

転移または再発が認められた人が初めての化学療法として「パクリタキセルカルボプラチン」治療を考える場合、「パクリタキセル180mg/㎡を毎週投与」を選択しても「パクリタキセル175mg/㎡を3週ごとに投与」を選択した場合を上回る奏効率は期待しにくい。「アバスチン」が併用された場合も「パクリタキセル180mg/㎡を毎週投与」と「パクリタキセル175mg/㎡を3週ごとに投与」との奏効率の差はない。

【発表】

2021年5月17日

【試験名】

JCOG1311(Phase 2/3)〔UMIN000019191

【試験実施国】

日本

【原著】

Gynecol Oncol. 2021 May 17  [PubMed: 34016453]

【さらに詳しく】