【尿路上皮がん:一次治療(OS、PFS)】「テセントリク+化学療法」vs「化学療法」

局所進行または転移を有する人が初めての治療を考える場合、「テセントリクゲムシタビンカルボプラチン(またはシスプラチン)」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。生存期間は延長傾向が認められているものの、解析に必要なイベント数に達していないため、観察が継続される。

テセントリクゲムシタビンカルボプラチン(またはシスプラチン)」治療を受けた34%の人が有害事象のため治療を続けられなかった。「ゲムシタビンカルボプラチン(またはシスプラチン)」治療を受けた人でも34%であった。

【発表】

2020年5月16日

【試験名】

IMvigor130(Phase 3)〔NCT02807636

【原著】

Lancet . 2020 ;395:1547-1557.  [PubMed: 32416780]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】