【早期乳がん:術後治療】「寡分割照射」vs「通常分割照射」

術後に4個以上の腋窩リンパ節転移が確認されたか、原発腫瘍の病期がT3-4の人が術後補助療法として放射線療法を考える場合、「寡分割照射」を選択しても「通常分割照射」に劣らない局所再発抑制が期待できる。中国で実施された臨床試験結果。

寡分割照射」を受けた3%がグレード3の急性皮膚毒性を経験したが、これは「通常分割照射」を受けた人の8%に比べ、有意に少なかった(p<0.0001)。その他の急性毒性および遅延毒性に両治療間に差はなかった。

【発表】

2019年1月30日

【試験】

Phase 3〔NCT00793962

【原著】

Lancet Oncol. 2019;20:352-360. [PubMed: 30711522]