【淡明細胞型腎細胞がん:一次治療】「テセントリク+カボメティクス(60mg/日)」vs「テセントリク+カボメティクス(40mg/日)」

淡明細胞型腎細胞がんと診断された人が初めての治療として「テセントリクカボメティクス」併用療法を考える場合、「カボメティクス」の投与量「60mg/日」を選択することで58%の奏効率が期待できる。「テセントリクカボメティクス(40mg/日)」治療を受けた71%の人が、「テセントリクカボメティクス(60mg/日)」治療を受けた67%の人が、グレード3または4の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2021年9月7日

【試験名】

COSMIC-021(Phase 1b)〔NCT03170960

【原著】

J Clin Oncol. 2021 Sep 7.  [PubMed: 34491815]

【こちらの記事も合わせて読む】