【皮膚扁平上皮がん:一次治療(ORR、PFS、OS)】キイトルーダ

手術が適応とならない皮膚扁平上皮がんと診断された39名が一次治療として「キイトルーダ」治療を受けた結果、41%の人が治療に奏効した。PD-L1陽性の人では55%が治療に奏効したが、PD-L1陰性の人の奏効率は17%であった。「キイトルーダ」治療の奏効率はPD-L1陽性細胞の割合が1%以上存在するかで異なる(p=0.02)。

キイトルーダ」治療を受けた 7%がグレード3以上の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2020年7月30日

【試験名】

CARSKIN(Phase 2)〔NCT02883556

【原著】

J Clin Oncol . 2020 ;38:3051-3061. [PubMed: 32730186]