【神経膠腫:放射線療法(OS)】「放射線療法→テモダール」vs「放射線療法+テモダール」

「放射線療法」を実施する人が「テモダール」治療開始のタイミングを考える場合、「テモダール」治療を「放射線療法終了後からの開始」を選択することで、 「放射線療法と同時に開始」を選択した場合に比べ、生存期間の延長が期待できる。

テモダール」治療で経験するリスクが高まるグレード3または4の有害事象は、血液毒性である。「放射線療法」のみの場合はだれも経験しなかったのに対し、「放射線療法+テモダール」治療を受けた人の9%、放射線療法後に「テモダール」治療を受けた人では15%がグレード3または4の血液毒性を経験した。

【発表】

2021年5月14日

【試験名】

CATNON/EORTC 26053-22054(Phase 3)〔NCT00626990

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 813–23.  [PubMed: 34000245]

【こちらの記事も合わせて読む】