【肝細胞がん(アジア人):二次治療(OS、PFS)】「キイトルーダ」vs「プラセボ」

アジア人においては、「ネクサバール」治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで無増悪生存期間、生存期間の延長が期待できる。

キイトルーダ」治療を受けた人の20.6%が治療に奏効し(vs 2.0%)、8.6ヵ月奏効が持続した(vs 2.8ヵ月)。

また、「キイトルーダ」治療を受けた人の13.1%がグレード3〜5の治療関連有害事象を経験した(vs 4.0%)。

【発表】

2021年4月27日

【試験名】

KEYNOTE-240(Phase 3)〔NCT02702401

【原著】

Liver Cancer. 2021;10:275-284. [PMID: 34239813]

【こちらの記事も合わせて読む】