【肺がん:一次治療】「ペメトレキセド+シスプラチン」vs「ゲムシタビン+シスプラチン」

初めての化学療法を選択する場合、非扁平上皮がんの人は「ペメトレキセドシスプラチン」治療、扁平上皮がんの人は「ゲムシタビンシスプラチン」治療を選択することで生存期間の延長が期待できる。

ペメトレキセドシスプラチン」治療の選択によって、グレード3または4の好中球減少症、貧血、血小板減少症が現れる可能性が高まるが、発熱性好中球減少症、脱毛症が現れる可能性は低くなる。吐き気は「ゲムシタビンシスプラチン」治療より多くなる。

【発表】

2008年5月27日

【試験】

JMDB(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol. 2008 20;26:3543-51. [PubMed: 18506025]