【肺がん:二次治療】「アバスチン+タルセバ」vs「タルセバ」

化学療法が無効になった人では、「タルセバ」治療に「アバスチン」治療の追加を選択しても、「タルセバ」治療単独を選択した場合に比べ生存期間の延長が期待しにくい。

参考までに「タルセバアバスチン」治療を選択した場合、無増悪生存期間の延長は期待できる。試験では1.7ヵ月から3.4ヵ月に延長。

タルセバアバスチン」併用療法を受けた42%の人が深刻な有害事象を経験した(vs 36%)。

【発表】

2011年5月28日

【試験名】

BeTa(Phase 3)

【原著】

Lancet. 2011;377:1846-54. [PMID: 21621716]

【さらに詳しく】