【肺がん:術前治療】「放射線療法+イミフィンジ」vs「イミフィンジ」

手術の前の治療を考える場合、「イミフィンジ」治療に「定位放射線治療」の上乗せを選択することで、病理学的奏効率の向上が期待できる。

試験では30名中16名が病理学的奏効、さらにその半分の8名が病理学的完全奏効率を得た(病理学的完全奏効率:26.7%)。「イミフィンジ」単剤治療で病理学的完全奏効を得られた人はいなかった。

イミフィンジ+定位放射線治療」を受けた20%が、「イミフィンジ」治療を受けた17%がグレード3または4の有害事象を経験した。「イミフィンジ+定位放射線治療の主なグレード3または4の有害事象は、 リパーゼ上昇(10%)、高血糖(7%)であった。「イミフィンジ」治療の主なグレード3または4の有害事象は、低ナトリウム血症(10%)であった。

【発表】

2021年5月17日

【試験】

Phase 2〔NCT02904954

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 824–35. [PubMed: 34015311]