【肺がん:高齢者】「カルボプラチン+パクリタキセル」vs「ビノレルビン」または「ゲムシタビン」

70歳以上の人でも「カルボプラチンパクリタキセル」治療の選択によって、「ビノレルビン」または「ゲムシタビン」による単独治療を上回る生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2011年8月8日

【試験名】

IFCT-0501(Phase 3)〔NCT00298415

【原著】

Lancet. 2011;378:1079-88. [PubMed: 21831418]

【さらに詳しく】