【膵がん:化学放射線療法(OS)】「カペシタビン+放射線療法」vs「ゲムシタビン+放射線療法」

局所進行膵がんの人が化学放射線療法を考える場合、「カペシタビン」をベースとした治療を選択しても、「ゲムシタビン」をベースとした治療を選択した場合に比べ、生存期間、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

【発表】

2017年4月4日

【試験名】

SCALOP(Phase 2)〔ISRCTN, number 96169987

【原著】

Br J Cancer. 2017;116:1264-1270. [PubMed: 28376080]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】