【膵がん:二次治療(OS、PFS、ORR)】「オニバイド+5-FU+ロイコボリン」vs「5-FU+ロイコボリン」

ゲムシタビン」を含む治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「5-FUロイコボリン」治療に「オニバイド」の上乗せを選択することで生存期間の延長が期待できる。

5-FUロイコボリン」治療に「オニバイド」の上乗せを選択することで奏効率は1%から16%に向上した(p<0.0001)。

オニバイド5-FUロイコボリン」治療の主な有害事象(グレード3または4)は好中球減少症(27%)下痢(13%)嘔吐(11%)、倦怠感(14%)。

【発表】

2015年11月29日

【試験名】

NAPOLI-1(Phase 3)〔NCT01494506

【試験参加国】

アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、韓国、スペイン、台湾、イギリス、アメリカ

【原著】

Lancet. 2016 ;387:545-57. [PubMed: 26615328]

【こちらの記事も合わせて読む】

【さらに詳しく】