【大腸がん:二次治療(ORR、PFS、OS)】「オニバイド+5-FU+ロイコボリン」vs「イリノテカン+5-FU+ロイコボリン」

オキサリプラチンベースの化学療法が無効であった人が「5-FUロイコボリンオニバイド(リポソーム化イリノテカン)」治療を受けた結果、2ヵ月後に10.7%の人が治療に奏効していた。

奏効率(Best ORR)は「5-FUロイコボリンイリノテカンFOLFIRI)」治療を受けた人で11.1%、「5-FUロイコボリンオニバイド(FUPEP)」治療を受けた人で14.3%であった。

【発表】

2016年1月24日

【試験名】

PEPCOL(Phase 2)〔NCT01375816

【試験実施国】

フランス

【原著】

Cancer Med. 2016 ;5:676-83. [PubMed: 26806397]