【転移数が1〜5のがん(5年OS)】体幹部定位放射線治療+標準治療

転移数が1〜5の人は標準治療に「体幹部定位放射線治療」の実施を選択することで、5年生存率の向上が期待できる。

【発表】

2020年6月2日

【試験名】

SABR-COMET(Phase 2)〔NCT01446744

【原著】

J Clin Oncol. 2020;38:2830-2838. [PubMed: 32484754]

【こちらの記事も合わせて読む】