【進行胃がん】「腫瘍減量手術+化学療法」vs「化学療法」

減量手術

病勢が進行していて治癒的切除が難しい人では、腫瘍量を減らし、症状を緩和させるために実施する手術(腫瘍減量手術)は、生存期間の延長が期待できない。

【発表】

2016年1月25日

【試験名】

REGATTA/JCOG0705/KGCA01 (Phase 3)〔UMIN000001012

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:309-18. [PubMed: 26822397]

【さらに詳しく】