【非ホジキンリンパ腫:一次治療(PFS)】「トレアキシン+リツキサン」vs「R-CHOP」

低悪性度非ホジキンリンパ腫またはマントル細胞リンパ腫と診断された人(54%が濾胞性リンパ腫)が初めての治療を考える場合、「トレアキシンリツキサン」治療を選択することで、現在の標準治療である「R-CHOP」レジメンに比べ、無増悪生存期間の大幅な延長が期待できる。試験では31.2ヵ月から69.5ヵ月に延長。うちマントル細胞リンパ腫の人では22.1ヵ月から35.4ヵ月に延長。

さらに「トレアキシンリツキサン」治療は標準治療より耐えやすい。「トレアキシンリツキサン」治療を選択することで発現の減少が期待できる有害事象は、脱毛(100%→0%)、血液毒性( 68% →30%)、感染症(50%→37%)、末梢神経障害が(29%→7%)、口内炎(19%→6%)。逆に増える可能性があるのは紅斑性皮膚反応(9%→16%)。

【発表】

2013年2月20日

【試験名】

STiL NHL-1-2003(Phase 3)〔NCT00991211

【原著】

Lancet. 2013;381:1203-10. [PubMed:23433739]

【さらに詳しく】