【非転移性筋浸潤性膀胱がん:術前治療】「dose-dense MVAC」vs「ゲムシタビン+シスプラチン」

転移が認められていない筋浸潤性膀胱がんと診断を受けた人が手術前の化学療法を考える場合、「dose-dense MVAC(メトトレキサートビンブラスチンドキソルビシンシスプラチン)」療法を選択しても「ゲムシタビンシスプラチン」療法を選択した場合に比較して病理学的完全奏効率の向上は期待しにくい。

グレード3以上の毒性は、dose-dense MVAC療法を受けた52%、「ゲムシタビンシスプラチン」療法を受けた55%が経験した。dose-dense MVAC療法を受けた人ではグレード3以上の消化器障害、無力症をより多くの人が経験した。

dose-dense MVAC療法6サイクルを完遂できた人は60%、「ゲムシタビンシスプラチン」療法4サイクルを完遂できた人は84%であった。

【発表】

2020年8月28日

【試験名】

GETUG/AFU V05 VESPER(Phase 3)

【試験実施国】

フランス

【原著】

Eur Urol. 2020 Aug 28. [PubMed: 32868138]