【局所進行頭頸部がん:放射線療法】「アービタックス+放射線療法」vs「放射線療法」

遠隔転移を認めないStage III-IVの人が初めての治療を考える場合、「放射線療法」に「アービタックス」の上乗せを選択することで局所での進行抑制期間および生存期間の延長が期待できる。

試験では「放射線療法」に「アービタックス」の上乗せを選択することで無増悪生存期間は12.4ヵ月から17.1ヵ月に延長した(HR 0.70 0.54-0.90, p=0.006)。

ざ瘡様発疹および注射部位反応は、「放射線療法+アービタックス」を受けた人でより多く経験した。

【発表】

2006年2月9日

【試験】

Phase 3〔NCT00004227

【原著】

N Engl J Med 2006; 354:567-578 [PubMed: 16467544]

【さらに詳しく】