【局所進行頭頸部がん:照射後治療】「予防的頸部郭清術」vs「PET-CTによる経過観察」

Stage N2またはN3と診断され、化学放射線療法が終了した人は、予防的に頸部郭清術施行を選択する替わりにPET-CTで経過観察し、遺残確認時または再発時に頸部郭清を施行しても生存率には遜色ない。

【発表】

2016年3月23日

【試験名】

PET-NECK(Phase 3)〔NCT00720070ISRCTN13735240

【原著】

N Engl J Med . 2016 ;374:1444-54. [PMID: 27007578]

【さらに詳しく】