【食道がん:術前治療(pCR)】「化学放射線療法(中間PET-CTによる治療変更)」

手術を受ける前の術前化学放射線療法を考える場合、導入化学療法(FOLFOXまたはカルボプラチンパクリタキセル)開始後36〜42日目のPET画像を用いた結果において奏効が得られなかった時点で、もう一方の化学療法に切り換えることで、18〜20%の病理学的完全奏効率が期待できる。

PET画像の結果、導入化学療法が奏効していた人の生存期間は48.8ヵ月、奏効していなかった人の生存期間は27.4ヵ月であった。

【発表】

2021年6月2日

【試験名】

CALGB 80803(Phase 2)〔NCT01333033

【原著】

J Clin Oncol . 2021 Jun 2. [PMID: 34077237]