【ALK陽性肺がん:一次治療(OS)】「アレセンサ」vs「ザーコリ」

ALK阻害薬未治療のALK融合遺伝子陽性の人は、「アレセンサ」治療を選択することで、「ザーコリ」治療をした場合を上回る無増悪生存期間が期待できる。現時点では「アレセンサ」治療の選択が生存期間を延長できるかまでは示すに至っていない。

グレード3または4の有害事象は、「ザーコリ」治療を受けた人の60.6%、「アレセンサ」治療を受けた人の36.9%が経験した。

【発表】

2019年11月28日

【試験名】

J-ALEX(Phase 3)〔JapicCTI-132316

【試験実施国】

日本

【原著】

Lung Cancer. 2020;139:195-199. [PMID:31812890]

【こちらの記事も合わせて読む】

【さらに詳しく】