【BRAF陽性悪性黒色腫:一次治療(OS)】「タフィンラー+メキニスト」vs「タフィンラー」

BRAF変異陽性の人は、初回の治療として「タフィンラー」治療に「メキニスト」追加を選択することで、「タフィンラー」単独治療より無増悪生存期間(一次評価項目)だけでなく、生存期間(二次評価項目)の延長も期待できる。

試験では18.7ヵ月から25.1ヵ月に延長。

タフィンラー」単独治療を受けた52%の人に「発熱」が現れ、「タフィンラーメキニスト」併用治療を受けた33%の人に「過角化症」が現れた。Grade 3以上の有害事象は「タフィンラー」単独治療を受けた31%の人に、「タフィンラーメキニスト」併用治療を受けた32%の人に現れた。

【発表】

2015年5月31日

【試験】

COMBI-d(Phase 3)〔NCT01584648

【原著】

Lancet. 2015;386:444-51. [PubMed:26037941]

【こちらの記事も合わせて読む】