【EGFR陽性肺がん:二次治療】「サボリチニブ+タグリッソ」/「セルメチニブ+タグリッソ」/「イミフィンジ+タグリッソ」

EGFR-TKI治療中に進行した人で「タグリッソ」治療に、「MEK1/2阻害薬 セルメチニブ」、「MET阻害薬 サボリチニブ」、「イミフィンジ」をそれぞれ上乗せした結果、42%、44%、43%の人が治療に奏効した。

イミフィンジタグリッソ」治療は、それぞれの単独治療に比べ、間質性肺炎が増加したため、実用的な組み合わせではないと評価された。

【発表】

2020年1月24日

【試験名】

TATTON(Phase 1b)〔NCT02143466

【原著】

Ann Oncol . 2020 ;31:507-516. [PubMed: 32139298]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】