【EGFR陽性肺がん:一次治療】「タルセバ」vs「化学療法」

EGFR遺伝子変異陽性の人は、標準的な化学療法である「シスプラチンドセタキセル(またはゲムシタビン)」を選択するより、「タルセバ」治療を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では5.2ヵ月から9.7ヵ月に延長した。

タルセバ」治療を選択した場合、グレード3または4の有害事象として皮疹(13%)、ALT値上昇(2%)が現れることがある。化学療法を選択した場合に現れる好中球減少症(0%)、貧血(1%)は現れにくい。

この結果に基づいて2013年6月14日、「タルセバ」の肺がんに対する効能・効果は「EGFR遺伝子変異陽性の切除不能な再発・進行性で、がん化学療法未治療の非小細胞肺癌」への適応拡大が承認された。これまでは「切除不能な再発・進行性で、がん化学療法施行後に増悪した非小細胞肺癌」であった。

【発表】

2012年1月26日

【試験名】

EURTAC(Phase 3)〔NCT00446225

【原著】

Lancet Oncol. 2012 ;13:239-46. [PMID: 22285168]

【さらに詳しく】