【HER2陰性乳がん:術後治療(5年DFS、5年OS)】「TC」vs「EC→パクリタキセル」

手術後の病理学的病期がpT1-3N+ または pT2-3N0の人が術後補助療法を考える場合、「TC(ドセタキセルシクロホスファミド)」治療または「FEC-T(5-FUエピルビシンシクロホスファミドドセタキセル)」治療を選択しても「EC-P(エピルビシンシクロホスファミドパクリタキセル)」治療に劣らない5年無病生存率が期待できる。

主なグレード3または4の有害事象は、「TC」治療は発疹(3.9%)と末梢神経障害(2.8%)、「FEC-T」と「EC-P」では下痢と悪心・嘔吐であった。

【発表】

2021年5月13日

【試験名】

MASTER(Phase 3)〔NCT01314833

【試験実施国】

中国

【原著】

Lancet Reg Health West Pac. 2021;11:100158. [PMID: 34327363]