【HR陽性乳がん:術後治療】「イブランス+内分泌療法」vs「内分泌療法」

HR陽性HER2陰性の人が手術後の治療を考える場合、「内分泌療法」に「イブランス(2年投与)」の上乗せを選択しても3年無浸潤疾患生存率の向上は期待しにくい。

「内分泌療法+イブランス」治療を受けた人が経験した主なグレード3または4の有害事象は、好中球減少症(61.3% vs 0.3%)、白血球減少症(30.2% vs 0.1%)、倦怠感(2.1% vs 0.3%)であった。

【発表】

2021年1月15日

【試験名】

PALLAS(Phase 3)〔NCT02513394

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 212–22. [PMID: 33460574]

【さらに詳しく】