【ROS1陽性肺がん】ザーコリ

ROS1融合遺伝子陽性の人では、「ザーコリ」治療を受けることで腫瘍縮小効果が期待できる。

試験では、72%の人で腫瘍が縮小し、50%の人が19.2ヵ月以上病勢が増悪することなく、生存した。

この試験の結果を受けて、米国では2016年3月23日に「ROS1融合遺伝子陽性の転移性非小細胞肺癌」、欧州では2016年9月14日までに「ROS1融合遺伝子陽性の進行非小細胞肺癌」の適応が追加された。

日本では、この試験と日本を含む東アジアで実施されたPhase 2試験の結果を受け、2016年8月31日に「ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・ 再発の非小細胞肺癌」の適応追加が申請され、2017年5月18日に承認された。

【発表】

2014年9月27日

【試験名】

PROFILE 1001(Phase 1)〔NCT00585195

【原著】

N Engl J Med. 2014;371:1963-71. [PubMed:25264305]

【さらに詳しく】