【再発卵巣がん:プラチナ感受性・部分感受性(OS)】「セジラニブ+化学療法→セジラニブ」vs「化学療法」

初回化学療法終了後から再発までの期間が6カ月を超える人は、化学療法(カルボプラチンパクリタキセルカルボプラチンゲムシタビンまたはプラチナ製剤単剤)に「VEGFR阻害薬 セジラニブ」の上乗せを選択することで、化学療法を上回る無増悪生存期間の延長が期待できるが、生存期間の延長を示すことはできなかった。

2011年9月に「セジラニブ」の開発が中止された。本試験の主要評価項目が生存期間から無増悪生存期間に変更され、プラセボ(併用+維持)とセジラニブ(併用+維持)の比較が評価対象となった。この発表は、副次評価項目となった生存期間の結果。

【発表】

2021年2月17日

【試験名】

ICON6(Phase 3)〔NCT00532194

【原著】

ESMO Open . 2021 Feb 17 [PubMed: 33610123]

【こちらの記事も合わせて読む】