【食道がん:三次治療】「アンロチニブ」vs「プラセボ」

過去に治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「VEGF受容体阻害薬 アンロチニブ」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。「アンロチニブ」治療の奏効率は7.3%(vs 3.6%, p=0.498)。

アンロチニブ」治療の主なグレード3または4の有害事象は、高血圧(16%)、食欲低下(6%)、低ナトリウム血症(4%)。「アンロチニブ」治療を受けた3人(3%)が薬剤関連死とに至った。

【発表】

2021年2月14日

【試験名】

ALTER1102(Phase 2)〔NCT02649361

【試験実施国】

中国

【原著】

Cancer Med . 2021 Feb 14. [PubMed: 33586360]