【HR陽性乳がん(日本人):一次治療(PFS)】「ベージニオ+アロマターゼ阻害薬」vs「アロマターゼ阻害薬」

HR陽性HER2陰性の進行乳がんと診断された閉経後の女性が初めての治療を考える場合、日本人でも同様に「アリミデックス(またはフェマーラ)」治療に「CDK4/6阻害薬 ベージニオ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では「ベージニオ」の上乗せすることで奏効率が50.0%から62.1%に向上した。

ベージニオ」を上乗せすることで下痢(全グレード)を経験するリスクは、46.7%から94.7%に高まり、グレード3以上の有害事象を経験するリスクは0から10.5%に高まる。好中球減少症(全グレード)を経験するリスクは、0から68.4%(グレード3以上:21.1%)に高まる。

【発表】

2021年10月18日

【試験名】

MONARCH 3(Phase 3)〔NCT02246621

【原著】

Breast Cancer. 2021 Oct 18. [PubMed: 34661821]

【こちらの記事も合わせて読む】

【さらに詳しく】