【直腸がん:手術】「局所切除術」vs「直腸間膜全切除術」

Stage T2-T3の人が「局所切除術」を選択しても、「死亡/再発/術後合併症/有害事象」を発現する確率の軽減を期待しにくい。

試験では「局所切除術」と「直腸間膜全切除術(TME)」が比較された。治療2年以内に「直腸間膜全切除術」を受けた人の48%が「死亡/再発/術後合併症/有害事象」を発現したのに対し、「局所切除術」を受けた人の発現率は56%であり、治療間に差は認められなかった(p=0.43)。

3年無イベント生存率は「局所切除術」で78.3%、「直腸間膜全切除術」で76.1% 。3年生存率は「局所切除術」で91.9%、「直腸間膜全切除術」で91.5% 。

【発表】

2017年6月7日

【試験名】

GRECCAR 2(Phase 3)

【原著】

Lancet. 2017 ;390:469–79. [PMID: 28601342]

【外部リンク】