【小細胞肺がん:二次治療】「キイトルーダ+パクリタキセル」

エトポシド+プラチナ製剤」治療後に病勢が進行した人が「キイトルーダパクリタキセル」治療を受けた結果、23.1%の人が治療に奏効し、半数以上の人が5.0ヵ月間、増悪なく生存した。

主なグレード3または4の有害事象は、発熱性好中球減少症(7.7%)、好中球減少症(7.7%)、無力症 (7.7%)、低ナトリウム血症 (7.7%)、1型糖尿病 (7.7%)。

【発表】

2019年8月29日

【試験】

Phase 2

【原著】

Lung Cancer. 2019; 136 :122–128. [PMID: 31494530]