【乳がん:術後治療】「標準治療+ランマーク」vs「標準治療」

手術前または後の標準的な補助療法を考える場合、抗RANKL抗体「ランマーク」治療(最初の半年は3〜4週間毎に、その後は12週毎に計5年間)の上乗せを選択しても、無骨転移生存期間の延長(骨転転移生存イベントの向上)は期待しにくい。この結果は、術前治療から初めても、術後治療から始めても変わらなかった。また、HR陽性でも、HER2陽性でも、トリプルネガティブでも上乗せ効果は期待しにくい。

「標準治療+ランマーク」治療を受けた人が経験した主なグレード3以上の有害事象は、好中球減少症(15% vs 15%)、発熱性好中球減少症(5% vs 6%)、白血球減少症(3% vs 3%)。

【発表】

2019年12月2日

【試験名】

D-CARE(Phase 3)〔NCT01077154

【原著】

Lancet Oncol. 2020 ;21:60-72. [PMID: 31806543]

【外部リンク】